スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログからデジタルへ!

アナログからデジタル!
20年くらい前から、電子機器に技術革命がおこり0~9の文字による10進法から、0と1だけの2進法をつかった電子卓上計算機が実用化されて以来、今ではあらゆる電子機器をはじめ産業機械に至るまで当たり前の事になりました。2011年の地デジ化を最後に死語になっていく事でしよう!
産業界とは違って、私達の法律分野においては最近ようやく“アナログからデジタル”に移行してきたような気がします。
三権分立の関係で、司法については少額訴訟制度や裁判員制度など様々な分野で国民主権において分かりやすく利用しやすい改革が行われてきています。
立法権においても、国会における官僚答弁の原則禁止等民主党政権においてかなり期待できそうですね!
行政においても、昨今事業仕分けが国民の注目を集めています。無駄を排除し細部に至るまで本質を見極めたうえで必要な処にはきちっと予算を付けて不必要な処には予算を付けないと言ったわかりやすいデジタル化であると思えます。
また名古屋市の河村市長が行っている改革はまさに主権在民の象徴で、デジタル化そのものであります。
今までは、与党自民党を中心に国会をはじめ地方議会でオール与党を形成し、アナログ議員が幅を利かせて圧力で物事を決めてきたような気がします。
国会は政権交代でかなり変わっていくような気がしていますが、地方行政は首長さんをはじめ議員さんにおいても前例踏襲・オール与党の圧力傲慢政治が行われています。今後はデジタル議員を中心とした主権在民の政治が行われる事に期待したいですね!それには先ず私たち国民自身が、変わらなくてはいけないような気がします。
圧力に屈するのっではなく、意見をはっきりと主張し、そのうえでの多数決を認めるべきだと思うのです。 長いものには巻かれろ! 雄弁は銀、沈黙は金!我慢は美徳!など様々な良い諺が、私たち国民のり理解不足から自身のアイデンティティ委縮させてしまって来た様な気がします。
これからは誇りある日本国民として、はっきりと意見を主張して議論する事の方が、重要であるように思われます。普天間基地の問題も、そういう時期に来ているような気がします。
スポンサーサイト
プロフィール

富貴長春

Author:富貴長春
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。